〝朗読〟始めてみませんか!増える朗読人口。『深読み会57期〈桜桃(前編)/太宰治〉』参加者募集スタート📕KOTOSE

KOTOSE


KOTOSEを始めた15年前。

こんなに〝朗読〟を愉しむ方が多くなるとは正直思っていませんでした。

何となく・・・ですが、当時は、〝朗読〟というのは、女優さんやアナウンサーさん達がされるもの、というイメージがあったのかもしれません(^^;;

最近、首都圏などでは、大小様々な〝朗読会〟が開かれ、多くの方が、読み手または聴き手として愉しまれているようです。

以前と違うところは、〝朗読〟を聴き手として愉しむだけではなく、読み手として愉しむ方が増えているということです。

つまり、〝朗読〟を習って、自身もステージで披露する方が増えているということです。

初めは、「人前なんてムリムリ」と仰る方も多いのですが、ステージに立つと快感を覚えてしまうのでしょうね╰(*´︶`*)╯

また、習い始めると、他の方の読みも気になって〝朗読会〟に足を運ぶ機会も増えるようです。

こうしたことの相乗効果から、朗読を愉しまれる〝朗読人口〟が増えているのだそうです。

このように首都圏などでは、〝朗読会〟が増えてきて多くの方が気軽に楽しめる場となってきているものの、地方はまだまだそこまでではありません・・・。もちろん盛岡もまだそこまででは・・・。

でも、〝声〟を出すことはとても気持ちの良いことですし、自分の思った通りに〝声表現〟ができ、相手に伝わったときは、何とも嬉しい瞬間です。

ご興味がおありの方がいらしゃいましたら、朗読クラス『深読み会』でご一緒しませんか!

〝朗読〟を一緒に愉しめる仲間が、全国各地にいるって素敵ですよね✨

皆様のご参加、お待ちしています📖❣️

朗読クラス『深読み会』について、詳しくはコチラから

おすすめ記事