「声」に気持ちを込めたい時お試しください!【脳活音読クラス】〜KOTOSE音読教室〜

KOTOSE

『KOTOSE式脳活音読』を始めて15年になります。KOTOSE音読教室を始めてすぐの頃にスタートし以来ずっと続けているクラスで、〝音読〟で〝健康力〟をアップすることを目的にしたクラスです。

こちらのクラスに、初めていらしてくださる皆さんに参加理由をお伺いすると、

 ・最近外出もしなくなり、人と話す機会がすごく少なくなって、ちょっと不安

 ・しばらく声を出していないと、いざ話をするときにカミカミになってしまって心配

 ・以前と比べて、声が低く、いがらっぽく、掠れるなど、変化してきたように感じて

 ・黙って家にいると、脳も気持ちも衰えてしまいそうで

 ・認知症や誤嚥の予防にもなると聞いたので

などとお話しくださる方が多いです。

KOTOSE音読教室は、15年前に小学生のお子さんの〝音読〟の宿題を一緒にさせていただいたことからスタートしました。

ちょうどその頃、時を同じくして〝音読ブーム〟が起こりました。〝音読〟認知症予防になるという研究結果が発表され、〝音読〟が流行語大賞にノミネートされたり、ゲームになったりという感じで、です。

こうしたことから、当時のKOTOSE音読教室にお子さんを連れてきてくれていた親御さんたちから、

「うちのおじいちゃんやおばあちゃんも一緒に〝音読〟させてもらえない?」というお声をたくさんいただくようになりました。

そうなったからには!と、〝音読〟から大人が得られる嬉しい効果について勉強し直し、多くの方からご意見やアドバイスをいただいて、『 〜脳に刺激!体に元気!心に輝き!〜KOTOSE式脳活音読』として誕生しました。

今では、インストラクターとして一緒に活動してくださる方々も加わり、『KOTOSE式脳活音読』を楽しんでいただける場が、岩手県内のみならず県外でも増えてきているところです( ^∀^)

岩手日報のカルチャースクールでも『KOTOSE式脳活音読』を楽しんでいただいています(毎週木曜日10:30〜11:30)!

『KOTOSE式脳活音読』には、〝音読〟から得られる嬉しい効果をできる限り高めるためのオリジナル音読ワークがたくさんあります。その中から、昨日は「なりきり音読」にも挑戦💪

ご自身の殻を破り、新しい自分に出会っていただくワークです✨

ちなみに、始まると、、、こんな感じです(^ ^)

皆さん、思い思いの場所で練習されています。歩きながらの方もいらっしゃいます。

表現力を高めるためには、座るより立って〝声〟を出した方がいいようですヨ👍私自身もそうですし、皆さんを見ていてもそのように感じます( ^∀^)

これは、〝読む〟だけではなく、〝話す〟時にも応用できるものです❣️「自分は声に気持ちが表現されないなあ…」など感じている方は、立ち上がって同じ言葉を発してみてください。ちょっと変わってきた感じを体験していただけると思いますよ😉〝声表現〟の第一歩です🎶

『KOTOSE式脳活音読クラス』の詳細についてはコチラから

『KOTOSE式脳活音読インストラクター』の詳細についてはコチラから

おすすめ記事