3.11あの日…黙祷。朗読劇クラス『深読み会52期〈星の王子さま〉』にて。〜KOTOSE音読教室〜

KOTOSE

東日本大震災。あの日から9年。

家やお店から、信号機まで、すべての灯りが消え、暖をとることも叶わず過ごした、あの日。

おそらくほとんどの人が、あの時、どこにいて、何をしていたのか、思い出せることでしょう…

私も、もちろん。

そして、おそらくほとんどの人が、あの時いた場所に行くと、あの日のことをまざまざと思い出すのでしょう…

真っ暗になって、過ごし方もわからず途方にくれながら見上げた空に、皮肉にも見たことないほどのたくさんの星が瞬いていました。

今日の日。KOTOSEで、震災のあった時刻に重なるクラスは、朗読劇クラス『深読み会52期〈星の王子さま〉』

参加者全員で、黙祷をしてから始めました。

お話の中で、王子様がずっと問いかける「はかない…って何?」

今日はいつも以上に心に響きました。

朗読クラス『深読み会』についてはコチラから

おすすめ記事